活動の目標と実績
Kindness(人にやさしい諸施策)

住友ゴム工業TOP > サステナビリティ > 住友ゴムグループの重要課題 > 活動の目標と実績 Kindness(人にやさしい諸施策)
  • E -
  • S
  • G -

Kindness(人にやさしい諸施策)

  • 住友ゴムグループ
  • 冊子
3 4 5 8 10

住友ゴムグループの雇用の基本方針

従業員が働くことで満足を得られ、従業員の成果によってグループも成長する。そのような健全な関係を構築するために、処遇制度・研修体制などのさまざまな仕組みや施策を通じて従業員に成長の機会を公平に提供する責任があると認識しています。
また、社長自ら率先して社員の健康維持増進活動や働き方改革に取り組み、戦略的に実践しています。

「人材に対する基本的な考え方」「従業員の状況」についてはこちら

住友ゴムグループの雇用の基本方針
住友ゴムグループの雇用の基本方針イメージ図

住友ゴムグループ健康経営宣言

住友ゴムグループは、従業員ひとりひとりを会社の成長と事業の発展を支える最も大切な財産と考えています。

住友ゴムグループで働く皆さんとご家族の“こころ”と“からだ”が健康であることは、ひとりひとりの幸せ、ひいては会社の持続的な成長や発展にとって不可欠なものです。

ひとりひとりが自ら進んで健康活動に取り組み、活力をもって働ける、さらには、お互いの健康を気遣いあえる健康文化を築くことが、社会に「最高の安心とヨロコビ」を提供できる基盤であると考えます。

「Our Philosophy」に基づいた健康経営を実現するため、会社、労働組合、健康保険組合および、住友ゴムグループで働くすべての皆さん、そのご家族と力を合わせ、挑戦し続けます。

(2022年7月改定)

健康経営の推進

  • 住友ゴム
  • 冊子

「健康経営宣言」に沿って、健康管理室を中心に健康保険組合と協力して、全社員参加で健康経営の実現を推進しています。健康管理規程を制定して各種健康診断に関するルールやリスクレベルを明文化し、PDCAを着実に回しながら課題に取り組んでいます。
健康管理規程に明文化している定期健康診断の事後措置(二次検査の受診、保健指導、産業保健職による面談)を、コロナ禍で増加した在宅勤務者に対してもオンラインを用いることで徹底しています。また、動画を活用した健康セミナーを実施し、健康意識向上の取り組みも継続しています。加えて、メンタルヘルスに関するセルフケア教育の強化、復職支援や治療と仕事の両立支援といった組織的な支援にも力を入れました。
これらの取り組みが早期発見・対応・治療に結びつき、疾病休業日数率を前年比で5%減少させることができました。2016年からは41%減と大幅に減少しています。
その成果として、2022年3月に経済産業省が東京証券取引所と共同で、従業員の健康管理を経営的な視点で考え戦略的に取り組んでいる企業を選定、公表する「健康経営銘柄2022」の50社に選定されました。2020年に続いて2度目の選定となります。
また、健康課題に即した取り組みや健康増進の取り組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している法人が選定される「健康優良法人(ホワイト500)」にも認定されています。認定制度が開始された2017年より6年連続での認定取得となります。
今後も「健康経営」の取り組みをさらに進めるため、「産業保健体制の強化」と「健康文化の醸成」を長期重点目標とし、7項目の中短期重点項目に取り組んでいきます。

2020年1-12月 住友ゴム単体

【長期重点目標】
① 産業保健体制の強化
② 健康文化の醸成

【中短期重点項目】
① 重症化予防
② 生活習慣改善
③ メンタルヘルス対策
④ 労働生産性の向上
⑤ 治療と仕事の両立支援
⑥ 高年齢・女性のための健康支援
⑦ 新型コロナウイルスを含む感染症に関連する対策

健康経営銘柄 ロゴ 健康経営優良法人 ロゴ

働き方に関する自治体からの認証・評価

2工場が、働きやすい職場、ワーク・ライフ・バランスに優れた職場として認証取得および受賞。

宮崎工場 2020年5月、「働きやすい職場『ひなたの極』」の認証を取得しました。この制度は仕事と生活の調和の実現に向けた職場環境づくりを積極的に行っている企業や事業所のうち、特に優れた取り組み成果が認められる企業が宮崎県知事から認証されるものです。
白河工場 2021年2月、育児・介護など従業員の多様な働き方に配慮したワーク・ライフ・バランスへの積極的な取り組みが評価され、福島県から「福島県ワーク・ライフ・バランス大賞」を受賞しました。

活動の目標と実績

  • 住友ゴムグループ
  • 冊子

より良い社会の構築に向けた企業の社会的責任を果たすことを通じ、社会から信用される企業グループとなることを目指しています。
行動指針として活動ガイドラインを掲げ、行動指針GENKI(元気)活動に沿ったこの活動を「Green」「Ecology」「Next」「Kindness」「Integrity」に分類し、積極的に推進しています。
ここでは、主要項目を抜粋し紹介しています。

活動の目標と実績
Plan
2020年度目標
GRI
ガイドライン
Do
2020年度活動実績
Check
自己評価
※1
Action
2021年度目標
中長期
(2025年)目標
⑩人材育成と働きがいの向上
  • 役員を含めた管理職以上に対して、多面評価とリーダーシップ研修を実施。お互いにフィードバックし合う文化をさらに醸成し、自由闊達な意見交換ができる職場づくりを進める
404-2
  • 社長以下役員および管理職層に向けた360度フィードバックを実施。併せてリーダーシップについて考えるオンラインセミナーを開催し、リーダーシップ力を向上
100%
  • 360度フィードバックの対象層を課長代理まで広げるとともに、リーダーシップに関するセミナーを拡充し、コミュニケーションスキルの向上
  • グローバル人材育成のため、2019年下期よりグローバル人材育成研修を実施計画
  • 自社理解、財務会計、マーケティング、マネジメント、異文化理解、問題解決手法といった幅広い経営知識・能力を養成
  • 役員を含めた管理職以上にアンコンシャスバイアス講習会を実施し、ダイバーシティを阻害する要因である「無意識の偏見・思い込み」を極力排除できるよう努める
404-2
  • 社長以下、一般層までアンコンシャスバイアスについてのオンラインセミナーを実施し、多様な価値観を受容する風土形成を実施
100%
  • 昨年同様にオンラインセミナーを継続的に実施することに合わせて、女性活躍推進・シニア層の活躍支援・LGBTQ+の理解浸透活動の積極展開
  • グローバル人材育成のため、2019年下期よりグローバル人材育成研修を実施計画
  • 自社理解、財務会計、マーケティング、マネジメント、異文化理解、問題解決手法といった幅広い経営知識・能力を養成
⑪安全で働きやすい職場づくり
  • 職場の安全性を向上させるため、安全指標(KPI)の評価から、各拠点で計画を立て、安全活動の弱点を克服する活動を継続
403-2
  • 安全先行指標(KPI)を12項目設定し、2020年度も継続して重点活動を行った。目標を定め、弱みを改善する活動を進めることで、進捗は見られたが目標未達
80%
  • 2021年度も安全先行指標(KPI)を重点活動として設定し、事業所間のバラツキや、部門/職場の差をなくすための活動を継続して推進
  • 労働災害件数、19年度比20年度50%減、21年80%減、25年ゼロ
  • 疾病休業日数の削減に加えて「楽しく運動をして健康な身体づくり」を柱に各自が生活習慣の改善に取り組み健康経営宣言を実施
403-2
  • 疾病休業日数率は対前年10%削減。コロナ禍においてウォーキングラリーのイベントを増やす等、在宅勤務時の運動習慣改善を推進。健康優良法人(ホワイト500)5年連続認定
90%
  • 運動・食事・睡眠・飲酒等の生活習慣改善イベントに加え女性・高齢者向け健康教育を増やして各自の健康意識向上と健康増進を推進
  • 健康経営の推進(住友ゴム工業健康経営宣言「自分の健康は自分で守る」を実行し健康意識を向上し、疾病休業日数を減らす
⑫ダイバーシティ&インクルージョンの推進
  • 男性社員の育児休業利用促進
  • 育児短時間勤務利用促進
  • 託児サポート制度の利用促進
401-3 女性活躍への取り組みが評価され「えるぼし三つ星」を業界初取得。
  • 男性育児休業取得率:5.4%、女性育児休業取得率:100%
  • 託児サポート制度利用者数:22名
100%
  • 両立支援ガイドブックと本人上司へのアナウンスにより制度理解の浸透と取得促進
  • 男性社員の育児休業利用促進
  • 育児短時間勤務利用促進
  • 制度の利用促進
  • 個々の多様性を活かした働き方を支援
405-1
  • D&Iプロジェクトによる、女性、外国籍、障がい者といった多様な属性の方が働く風土の醸成
100%
  • 各属性ごとに当事者向けと風土醸成に関する施策を実施。特に女性活躍については、子育てと仕事の両立支援に加え、メンター制度の導入など、キャリア育成のための施策を実施
  • 個々の多様性を活かした働き方を支援
⑬人権の尊重
  • 人権に関する研修の実施
412-2
  • 人権に関する研修の実施
100%
  • 人権に関する研修の実施
  • 人権に関する研修の実施

※1自己評価の計算方法:基準年比(1-削減率)を用いて次の通り計算しています。

自己評価の計算方法