第三者意見

  • E -
  • S -
  • G

第三者意見

神戸大学大学院 経営学研究科 教授 國部 克彦 氏

神戸大学大学院
経営学研究科 教授
國部 克彦 氏

大阪市立大学大学院修了。博士(経営学)大阪市立大学、神戸大学助教授を経て、2001年より同教授。2014年から2016年、および2021年から現在まで神戸大学大学院経営学研究科長・経営学部長。2019年より2021年まで神戸大学副学長、2020年より神戸大学バリュースクール長を併任。
近著に『アカウンダビリティから経営倫理へ』(有斐閣)、『創発型責任経営』(国本経済新聞出版社)、『1からの管理会計』(碩学舎)『価値創造の教育 神戸大学バリュースクールの挑戦』(神戸大学出版会)などがある。

Our Philosophyを中心とする統合思考

住友ゴムでは昨年Our Philosophyを策定され,今年度の報告書ではそれがさらに展開されていることが分かります。報告書全体がOur Philosophyを中心に構成され、Our Philosophyが経営を統合する「統合思考(integrated thinking)」として機能しつつあると思います。報告書の内容も、財務的な価値から社会的な価値まで網羅的に説明されており、それが全体的に統合されているので、ステークホルダーに訴求しやすい内容になっています。今後は、Our Philosophyの最上位にあるPurposeが、トップダウンではなく社員個人のPurposeに基づくものであるように、運営にされることを望みます。

経営層からの詳細な説明

今年度の住友ゴムの報告書は、経営層からの説明が非常に充実しています。山本悟社長のトップメッセージは写真も入れて6ページにも及び、「2050年を見越したサステナビリティ長期方針」を含めて、社長の言葉で語られているので説得力があります。他の役員についても、それぞれの担当分野について踏み込んだ説明をされており、経営層の顔の見える報告書となっています。今後は、社員や社外ステークホルダーの声を充実させることで、経営者の方針がどのように社内外に浸透しているのかが見えるようになれば、さらに良くなると思います。

GENKIのGがGovernanceに

GENKIは住友ゴムのサステナビリティ活動の経営モデルを示す略語ですが、今年度から、GをGreenからGovernanceの頭文字に変更されました。これは形式的なものではなく、Governanceをサステナビリティ経営の最上位に置くという経営意識と体制の変革として理解できます。実際に情報開示も非常に充実しています。しかし、ガバナンスに関する情報開示は形式化しやすい傾向を含むものですから、社外取締役がどのような態度でガバナンスに臨んでいるのかなど、実質的な内容の開示も今後は重要になると思います。

ESG経営の実質化へ向けて

住友ゴムは,2050年を見据えたサステナビリティ長期方針「はずむ未来チャレンジ2050」を策定し、カーボンニュートラルへ向けて活動を推進されています。TCFDへも賛同され、情報開示も進められようとしています。脱炭素は、住友ゴムの事業環境では特に重要なテーマになると思われます。しかし、ウクライナ問題もあって、気候変動やエネルギー需給をめぐる環境の不確実性は高まっています。このような状況下では、実質的な対応が必要になると思いますので、企業経営への影響を十分考慮した活動を望みます。

第三者意見を受けて

國部先生にはいつも適切なアドバイスと過分なご評価をいただいておりますこと、改めてお礼申し上げます。 不透明で変化の激しい環境に対応し、さらなる成長を果たすためのぶれない指針として2020年12月に新たな企業理念体系「Our Philosophy」を制定しましたが、コロナ禍や政情不安など、社会を取り巻く状況はますます複雑化しております。
こういった状況を踏まえ、今回の統合報告書では、「Our Philosophy」に関する説明をより充実させ、「Our Philosophy」の「Purpose」を体現すべく経営を行っていることを、冊子全体を通して読者に伝わるよう編集を進めました。また、経営層のインタビューを例年よりも増やし、リアリティに富む言葉で当社の今、そして当社が目指す未来が見せられるように作成しました。
当社は現在、2021年8月に発表したサステナビリティ長期方針「はずむ未来チャレンジ2050」に基づき、具体的な施策を進めている最中にあります。また、新事業として2022年4月、「センシングコア」ビジネスに関する発表を行いました。大きな時代の転換期に、グループ従業員が一丸となり、さらに踏み込んだ施策を推進するとともに、活動の実効性と透明性を高めてまいります。

執行役員 サステナビリティ推進本部長 山下文一
執行役員 サステナビリティ推進本部長
山下 文一