人権尊重の取組み

人権尊重の基本的な考え方

  • 住友ゴムグループ

住友ゴムグループは、企業理念体系である「Our Philosophy」において、「未来をひらくイノベーションで、最高の安心とヨロコビをつくる。」をパーパスとしています。このパーパスを体現した事業活動を行うためには、グローバルに展開する私たちの事業で起こりうる人権課題について理解し、適切な行動をとることが土台になると考えます。
そのため、私たちは、社内外さまざまなステークホルダーの人権への影響を理解し、事業活動を通じ原材料調達から商品・サービスの提供を含むバリューチェーンすべてのプロセスにおいて、人権が尊重されるよう努めます。

人権尊重に向けた取り組みとして、事業活動を行ううえでの倫理的行動ガイドライン「企業行動基準」に“思想・信条・宗教・人種・肌の色・国籍・言語・社会的出身・性別・性的指向・性自認・年齢・心身のハンディキャップ、雇用形態、採用方式などの理由で嫌がらせや差別を受けることがない健全な職場環境を維持”することを明記し、従業員一人ひとりの人権が侵害されないよう配慮しています。
さらに人事労務管理に関するハンドブックを全管理職へ配布し、研修や講習会などでその内容を啓蒙することで、人権侵害やハラスメントがなく、従業員がいきいきと働ける環境づくりにつなげています。

また、「世界人権宣言」や「OECD 多国籍企業行動指針」、国際労働機関(ILO)の各種条約などといった人権についての国際規範を尊重し、国連グローバル・コンパクトの10原則に賛同しています。人権に対する住友ゴムグループの考えは、これらの国際規範に則っています。

今後も、「最高の安心とヨロコビ」を提供しステークホルダーの皆さまから信頼される企業であり続けるため、住友ゴムグループ全体で人権尊重に向けた取り組みをより一層強化してまいります。

住友ゴムグループ人権方針

  • 住友ゴムグループ

「住友ゴムグループ人権方針」は、上述の国際基準の諸条約・原則に基づき、取締役会にも諮ったうえで制定されています。本方針は住友ゴムグループの人権尊重の考え方を具体的に定めるものであり、住友ゴムグループ内のすべての人権尊重に関する規定・ガイドラインの最上位方針となります。

住友ゴムグループ人権方針(日本語版)(PDF 582KB)

住友ゴムグループ人権方針 個別人権課題への基本姿勢(日本語版)(PDF 600KB)

住友ゴムグループ人権方針(英語版)(PDF 191KB)

住友ゴムグループ人権方針 個別人権課題への基本姿勢(英語版)(PDF 162KB)

人権デューデリジェンスの取組み

  • 住友ゴムグループ

人権問題の未然防止・是正等、人権尊重に関する取組みは、当社ESG統括役員を委員長とする「サステナビリティ推進委員会」下「人権部会」が中心となり、住友ゴムグループ全体の関係部門、関係各社と連携して推進します。現在人権デューデリジェンスの体制構築・実施に向け取り組んでおり、2024年に国内外全グループ内の人権リスク調査・評価、人権デューデリジェンス実施体制の構築、2025年には人権デューデリジェンスの運用開始を目指しています。

ESG経営マネジメント体制

サプライチェーンにおける取組み

住友ゴムグループでは、取引先に向けて人権尊重も含む行動規範を定めた調達ガイドラインを配布しています。取引先と共に、その仕入先様にも調達ガイドラインを十分にご理解いただき、実践してもらえるように努めています。

サプライチェーンマネジメント

人権に関する研修

  • 住友ゴムグループ

当社は、人権方針として、「人権への配慮の基本的な考え方」を定めています。2021年にはこの再確認と理解を深めることを目的とし役員及び全管理職を対象にLGBTQについての研修を行いました。また全従業員向けの施策として、人権・LGBTQに関する全5回のWeb教育コンテンツを社内掲示板に掲載し、いつでも閲覧できるようにしています。

2022年には、企業行動基準の改定に合わせ、事業活動を行っていく上で必要な人権への配慮の基本的な考え方を学習する取り組みをグループ全体で行いました。人権に関する内容としては、主に以下の点について取り組んでいます。

  • 思想・信条・宗教・人種・肌の色・国籍・言語・社会的出身・性別・性的指向・性自認・年齢・心身のハンディキャップ、雇用形態、採用方式などの理由で嫌がらせや差別を受けることがない健全な職場環境を継続する。
  • 外注先・購入先においても人権侵害、人身売買、児童労働・強制労働、紛争鉱物、 環境破壊、汚職等に対し十分配慮されているか確認し、購入先を選定する。

いじめやハラスメントに関する研修

住友ゴムグループは、人権侵害やハラスメントがなく、従業員が生き生きと働ける環境づくりにつなげるための一環として、いじめやハラスメントに関する周知を図っています。毎年10月を「法令遵守・企業倫理(コンプライアンス)月間」と定め、その徹底に向けて種々の活動を行っています。
セクシュアルハラスメントやパワーハラスメントの問題を取り上げ、啓発する階層別研修を実施するほか、eラーニングも活用しながら、従業員一人ひとりの人権が侵害されることがないよう努めています。特にマネージャークラスを対象とした階層別研修では、いじめやハラスメントに関する具体的な事例を紹介しながら、周知を図っています。