Next(次世代型技術・製品・サービスの開発)

住友ゴム工業TOP > サステナビリティ > 住友ゴムグループの重要課題 > Next(次世代型技術・製品・サービスの開発)
  • E
  • S -
  • G -

Next(次世代型技術・製品・サービスの開発)

  • 住友ゴムグループ
3 7 8 9 11 12 13

活動の目標と実績

  • 住友ゴムグループ

当社グループのサステナビリティ活動ガイドライン「GENKI」に基づき、目標に対する成果を検証し、次年度の目標を策定しています。
ここでは、項目ごとに立てた目標と実績について紹介しています。

活動の目標と実績
Plan
2021年度目標
GRI
ガイドライン
Do
2021年度活動実績
Check
自己評価
※1
Action
2022年度目標
中長期
(2025年)目標
⑪環境配慮商品の開発
環境配慮商品の開発・販売 302-5
  • タイヤの空気漏れを防ぐ「CORESEAL」採用商品第1弾 FALKEN「EUROALL SEASON AS210」をドイツで発売
100% 環境配慮商品の開発・販売 時代に先駆ける商品開発
ECO FITST ロゴ
⑫「安全・快適」「経済性」「品質」の追求
新技術の商品化 416-1
  • 「ナノ凹凸ゴム」および「液状ファルネセンゴム」を採用し、氷上性能を大幅に向上させたSUV用 スタッドレスタイヤDUNLOP「WINTER MAXX SJ8+」新発売
100% 新技術の商品化 安全快適性能の新たな価値の提供

※1自己評価の計算方法:基準年比(1-削減率)を用いて次の通り計算しています。

自己評価の計算方法