安全性を高める商品開発

安全走行のためのランフラットタイヤの開発

  • 住友ゴムグループ

住友ゴム工業は、安全性の向上のため、走行中、完全なパンク状態(空気圧ゼロ)になっても、所定の速度で一定の距離注1を走行できるランフラットタイヤの開発とさらなる普及に取り組んでいます。
当社独自の次世代新工法「NEO-T01」と材料開発技術「4D NANO DESIGN」により、高い快適性と環境性能注2、安全性能を実現したプレミアムランフラットタイヤ「DUNLOP SP SPORT MAXX 050NEO」を日本で、「FALKEN AZENIS FK510RUNFLAT」を日本・欧州などで販売しています。
その他にも従来工法で製造したランフラットタイヤ「DUNLOP SP SPORT MAXX 050+」、「ZIEX ZE914 ECORUN RUNFLAT」、「EUROWINTER HS449 RUNFLAT」も販売しており、今後もより安全なカーライフをお客様にご提供できるよう、商品の拡充に努めていきます。

注1速度80km/hで距離80km走行できることがランフラットタイヤとしての要件。

注2タイヤ重量の軽量化を指します。

NEO-T01 DUNLOP FALKEN

パンク修理、空気圧管理から解放されるエアレスタイヤの実現

  • 住友ゴムグループ

住友ゴム工業は、「SMART TYRE CONCEPT」を構成している技術の一つであるエアレスタイヤテクノロジー「GYROBLADE(ジャイロブレイド)」を開発中です。
「GYROBLADE」は、空気を入れないためパンク修理や空気圧管理といった必要がなくなる上、安全性の向上とあわせスペアタイヤが不要になることで省資源・省エネルギーにも貢献します。空気入りタイヤと同様に低燃費が要求されるため、空気入り低燃費タイヤのトレッドゴムを採用したのに加え、タイヤ製造技術における「超高精度」を追求した次世代工法「NEO-T01」の技術を活かして生産するなど、当社が持つ最新鋭の技術を集結しました。また、空気入りタイヤの黒いサイドウォール部分が樹脂で置き換えられるので、色の自由度も増します。
従来のタイヤの概念を覆す「GYROBLADE」の早期実用化に向け、引き続き研究開発に取り組んでいきます。

エアレスタイヤテクノロジー「GYROBLADE(ジャイロブレイド)」

耐震性を高める制振ダンパーの開発

  • 住友ゴムグループ

住友ゴム工業の高減衰ゴムは、振動エネルギーを瞬時に熱エネルギーに変換することで、風揺れなどの微少な揺れから大地震まで、さまざまな揺れを低減することが可能です。
戸建住宅や超高層ビル、大型橋梁ケーブルや橋げたなど規模も異なる幅広い建築物に採用されています。

制振ダンバー採用事例

タワーマンション
タワーマンション
橋梁ケーブル
橋梁ケーブル

塗り床材における水系材料の開発推進

  • 住友ゴム

静電気による製品破壊防止性能を要求される精密電子部品工場などの床に採用される導電床には、導電プライマー層に溶剤系の材料が使用されています。そのため改修工事を行うときは、工場の休日での分割工事とするか、多額の養生費用をかけて溶剤系材料の刺激臭を封じ込める必要がありました。
そこで当社は溶剤系の材料に代わる水系材料を2011年に開発。性能面は維持しつつ、①環境にやさしく、②工場稼動中にも実施できるため工期の短縮が図れ、③養生費用削減によりコストも低減された工事が可能になりました。それ以降、継続的に顧客数を増やしながら販売しています。

導電プライマーに水系材料を使用した塗り床材
導電プライマーに水系材料を使用した塗り床材

車いす用可搬型スロープ「ダンスロープ」の利用が拡充

  • 住友ゴム

特殊カーボン織物を採用し、中空構造にすることで、軽さを追求した業界最軽量クラスの車いす用可搬形スロープ「ダンスロープエアー」。2015年の発売以来順調に利用が拡大し、年間出荷量が過去最多となりました。65cmから285cmまで計8サイズを展開し、あらゆる段差に対応しています。
ダンスロープシリーズは、その軽量性、耐久性、安全性を評価いただき、主要な鉄道、空港、公共施設などでも採用頂いております。また欧米や高齢化が進展するアジア諸国でも認知が進み、輸出が拡大しました。

「ダンスロープエアー2 R-205Z」
「ダンスロープエアー2 R-205Z」
「ダンスロープゴー」
「ダンスロープゴー」

TOPICS

  • 住友ゴムグループ

タイヤ空気圧管理ソリューションサービスの実証実験を開始

タイヤの空気圧や温度をリモート監視することができる空気圧管理ソリューションサービスの実証実験を開始しました。
今回の実証実験は、連携する企業のリース車両30台およびレンタカー500台に対して、タイヤの空気圧や温度をリモート監視できるサービスを福岡県、宮崎県および鹿児島県で行い、その効果を検証します。タイヤに装着したTPMS(Tire Pressure Monitoring System:タイヤ空気圧監視システム)で得た情報はクラウドを通じて確認でき、メンテナンス作業の負荷を軽減するだけでなく適正な空気圧維持によって走行時の燃費向上につながるなど、安全・安心な走行に貢献します。

タイヤ空気圧管理ソリューション

レベル4自動運転車のタイヤ空気圧をリモート監視するモニタリングシステムを構築~岐阜市にて公道実証実験を実施~

レベル4自動運転車を対象に、空気圧データ取得から異常時のタイヤメンテナンスまでのシステムを構築し、岐阜県岐阜市内の公道にて2020年11月に実証実験を実施しました。これは、2019年から行っている群馬大学の次世代モビリティ社会実装研究センター(CRANTS)との共同研究で、車両が無人の場合でもタイヤ空気圧のリモート監視を可能とするものです。自動運転車におけるパンクなどを想定したタイヤトラブルの予知保全およびトラブル発生時の早期対応に貢献できます。

タイヤ空気圧モニタリングシステム

熊本城天守閣(大天守、小天守)が復旧完了 当社制震ダンパーが採用

2016年の熊本地震で大きな被害を受けた熊本城の天守閣復旧工事が、2021年4月に完了しました。
この復旧工事には当社の制震ダンパーが採用されており、2018年に大天守向け、2019年には小天守向けに、それぞれ製品を設置頂いております。
今回採用された制震ダンパーは、自動車のレース用タイヤで培った先進技術で開発した高減衰ゴムを使用しております。この高減衰ゴムは戸建て住宅用制震ユニット「MIRAIE(ミライエ)」にも使われており、熊本地震でもその効果を発揮しました。

小天守復旧工事中の熊本城(2019年)
小天守復旧工事中の熊本城(2019年)

VOICE

社会課題解決につながる高付加価値サービスの提供を目指す

近年、デジタル技術の急速な進歩によって今まで不可能と思っていたことが可能になり、生活はますます便利になりました。一方、運送業界を中心にドライバーの高齢化や人材不足といった課題に、従来の働き方では現場をオペレーションすることが困難になってきています。こういったお客様の困りごとに対して、ドライバーの安全運行やタイヤメンテナンス作業の効率化、負荷軽減を実現するため、デジタル技術を活用したソリューションビジネスの開発を進めています。より生活を豊かに、多くのお客様に求められ続ける企業を目指して日々取り組んでいます。

オートモーティブシステム事業部 ソリューションビジネスチーム 課長代理 西本 尚弘
オートモーティブシステム事業部
ソリューションビジネスチーム
課長 西本 尚弘