お客様との対話(安全運転の啓発)

Governance[ステークホルダーとの対話促進]

  • E -
  • S -
  • G

タイヤの正しい使用・管理方法についての啓発

  • 住友ゴムグループ

タイヤに起因する事故の未然防止を目的として、「DUNLOP全国タイヤ安全点検」を2008年から14年継続しています。累計の点検台数は2021年までで11万台を超えました。

2022年は、タイヤの日である4月8日から17日間、全国の当社タイヤ販売店のタイヤセレクトで実施しました。今回の点検では、スマートフォンを使用したAIタイヤ点検ツールを活用しました。店舗スタッフが撮影したタイヤ写真から、AIがタイヤの溝深さと偏摩耗を診断し、3段階で判定します。点検結果は、点検結果カードの二次元バーコードを読み込むとオンラインで確認できます。今後もタイヤ点検を通じてお客様の安全、安心なドライブを支えていきます。

photo

ダンロップタイヤ安全プロジェクト実施状況

ダンロップタイヤ安全プロジェクト実施状況グラフ

2020~2021年は新型コロナウイルスの影響により開催時期、拠点を大幅に変更、縮小して実施しました。

二輪車用タイヤの安全点検

  • 住友ゴムグループ

二輪車用タイヤの安全点検も「DUNLOP 全国タイヤ安全点検」の一環として2012年から毎年、8月19日の「バイクの日」前後に実施しています。当日は装着されているタイヤの残溝、表面の損傷、摩耗度合いなどを調べる外観点検を行うとともに、その結果を記載したチェックカードをお渡しすることで、ライダーの皆様にタイヤの日常点検の重要性を啓発しています。
2020-21年は、新型コロナ感染防止の観点から二輪用タイヤの安全点検は中止しました。

2019年8月のタイヤ点検活動の様子
2019年8月のタイヤ点検活動の様子