商品・技術開発の考え方

「安全・快適」「経済性」「品質」の追求

  • 住友ゴムグループ
  • 冊子

SMART TYRE CONCEPT

MaaS(Mobility as a Service)の発展により、カーシェアリング、ライドシェアなど、車の所有から使用への転換が進むなか、タイヤに求められる性能も変革を遂げています。これに対して住友ゴムは、次代を見据え、今までよりも安全性能と環境性能を一層高めたタイヤ開発および周辺サービス展開のコンセプトである「SMART TYRE CONCEPT」を推進しています。

スマートタイヤコンセプト概念図

スマートタイヤコンセプト概念図

環境配慮商品の開発

スマートタイヤコンセプトで掲げている「性能持続技術」を採用した商品、プレミアムコンフォートタイヤ「VEUROVE304」や、フラッグシップ低燃費タイヤ「エナセーブ NEXTⅢ」といった商品を開発し、拡販を図りました。
両商品は「水素添加ポリマー」を用いることで、ウエットグリップ性能低下を抑制しつつ、高い耐摩耗性を実現しています。 なかでも「VEURO VE304」といったボリューム商品にこの素材を適用できる技術を確立したことは、大きな進歩だと考えています。
「エナセーブ NEXTⅢ」はセルロースナノファイバーを採用し、乗り心地と操縦安定性能を両立しています。セルロースナノファイバーのタイヤへの採用は世界初であり、この環境にやさしいバイオマス素材をタイヤ材料として使いこなせたことは、サステナビリティの観点からも大変意義のあるものと考えています。
これらの商品はお客様から高い評価をいただきました。「VEURO VE304」は「用品大賞2020」グランプリ、「エナセーブNEXTⅢ」はエコプロアワードや超モノづくり部品大賞、省エネ大賞を受賞するなど、各団体からも評価をいただいています。

VEURO VE304

センシングコア

当社独自技術であるセンシングコアは、タイヤ本体に取り付けたセンサーでタイヤの空気圧・荷重・路面状態を検知し、ドライバーにタイヤの状態を知らせたり、車両制御に応用するといったことを可能にします。
タイヤそのものがセンサーとなるため、追加センサーの取り付けが必要なく、メンテナンスが不要ということが大きな特徴です。
センシングコアの一つであるタイヤ空気圧センシングでは、累計4,000万台以上の車両に採用され、好評をいただいています。
この度、このセンシングコアを進化させ、タイヤの摩耗量を検知する技術を新たに確立しました。以前から検知可能であったタイヤ空気圧、荷重、路面状態に加えて、タイヤ摩耗が検知できるようになったことで、今後進展していくCASE/MaaSといったモビリティ社会にさらに貢献していきます。

SMART TYRE CONCEPT(スマート タイヤ コンセプト)詳細

SENSING CORE
「VEURO VE304」が「用品大賞2020」グランプリを受賞

プレミアムコンフォートタイヤ「VEURO VE304」が2020年7月、株式会社日刊自動車新聞社主催の「用品大賞2020」でグランプリを受賞しました。今回の受賞は、当社の技術を結集して実現した高次元の静粛性と快適性に加え、最高レベルのウエット性能が長続きする点などが評価されました。

当社商品中

VEURO VE304

環境配慮自社基準

  • 住友ゴムグループ

環境配慮商品の開発に取り組む住友ゴム工業は、石油外天然資源比率、転がり抵抗値、軽量化、耐摩耗性能など独自の厳しい環境配慮自社基準を設定しています。これは、主に「つくるとき・廃棄するとき」「使うとき」のCO2排出量の削減という視点から新商品を評価し、既存商品と比較して総合的に性能が向上しているものを、環境配慮自社基準を満たした「エコラインアップ商品」として認定するものです。
2020年度末時点で、エコラインアップ商品はトラック・バス用の9商品、乗用車用の16商品のほか、4×4・SUV用、ライトトラック・バン用の7商品があります。

「エコラインアップ」マーク
「エコラインアップ」マークこのマークがついた商品が、環境配慮自社基準を満たしたエコラインアップ商品です
「エナセーブ NEXTⅢ」が「第3回エコプロアワード」優秀賞を受賞

フラッグシップ低燃費タイヤ「エナセーブ NEXTⅢ」が2020年9月、一般社団法人サステナブル経営推進機構主催の「第3回エコプロアワード」で優秀賞(エコマテリアル賞)を受賞しました。
今回の受賞では、バイオマス素材である“セルロースナノファイバー”を世界で初めてタイヤに採用したという製品の革新性に加え、同素材採用による製品性能向上および環境負荷低減への寄与が高く評価されました。また、タイヤの性能持続技術開発を加速させるAI技術の導入や“水素添加ポリマー”と“セルロースナノファイバー”の革新的な素材の採用に至る技術開発にも注目いただきました。

当社調べ

エコラインアップ商品(2020年度末時点)

トラック・バス用 「ECORUT SP128」「ECORUT SP628」「ECORUT SP068」「ECORUT SP088」「ENASAVE SP688 Ace」「ENASAVE SP138」「SP261」「SP081」「SP680」
乗用車用 「VEURO VE304」「LEMANS Ⅴ」「ENASAVE EC204」「ENASAVE RV505」「DIREZZA ZⅢ」「DIREZZA DZ102」「SP SPORT MAXX050+」「SP SPORT MAXX050+ for SUV」「WINTER MAXX WM02」「WINTER MAXX WM03」「WINTER MAXX WM02CUV」「ENASAVE NEXT Ⅲ」「SP TX-01」「SP TX-01L」「WINTER MAXX TS-01」「WINTER MAXX TS-01L2」
4×4・SUV用 「GRANDTREK AT5」「GRANDTREK PT3」「WINTER MAXX SJ8」
ライトトラック・バン用 「ENASAVE VAN01」「ENASAVE SPLT50」「WINTER MAXX SV01」「WINTER MAXXLT03」

環境配慮自社基準

CO2削減など環境配慮項目 評価項目
つくるとき
廃棄するとき
石油外天然資源 石油外天然資源比率
省資源 リデュース係数(軽量化、耐摩耗性能)
リサイクル・リユース リトレッド性
使うとき 低燃費 転がり抵抗値
安全・快適 騒音、ブレーキ、氷上性能

タイヤラベリング制度への対応

  • 住友ゴムグループ

日本のタイヤ業界では低燃費タイヤの普及を目指し、2010年1月からタイヤラベリング制度が運用されており、業界自主基準に適合したタイヤに『低燃費タイヤ』のラベルを表示しています。
住友ゴム工業は、「タイヤが地球環境のために貢献できること」をテーマに『低燃費タイヤ』に混合する環境対応タイヤの開発に努めてきました。
低燃費タイヤのさらなる普及に向けて、テレビコマーシャルや店頭などでラベリング制度の普及をより一層推進するとともに、当社の環境配慮商品を積極的にPRしていきます。
日本国内と同様なラベリング制度を採用した海外の対象国・地域にも対応していきます。
2020年にラベリング制度での違反事例はありません。

低燃費タイヤ統一マーク
低燃費タイヤ統一マーク

住友ゴム工業の
低燃費タイヤ』適合タイヤ

乗用車 「VEURO VE304」「LEMANS Ⅴ」「ENASAVE EC204」「ENASAVE RV505」「ENASAVE NEXT Ⅲ」